降雪時の靴の足回り対策と裏ワザ

関東地方は再びの大雪の予想や、今回は金曜日という平日である事もあり、長靴が飛ぶように売れているという報道がありました。
ニュース画面では品出しをしている従業員の後ろにすでに人がおり、箱を開けた直後から買い求めていく姿が見られ、雪かき用のスコップも売り切れるという話しもあります。

関東の雪は湿雪で、ベチャベチャで濡れやすい事と、翌日に凍りついて滑る事の2つとなります。
濡れ防止であれば長靴もよいのでしょうが、滑る対策となると長靴は革靴よりは多少マシだとしても、底に装着するスパイクのような物がよさそうです。

幸いというか金曜日でもあり、早めに帰宅などすれば土日の休日となり、先週と同じように大きな混乱は回避できると思えます。
日曜日には晴れ間がでるともいいますが、月曜日まで影響が残る地域もありそうで、凍った雪での転倒など足元の注意は必要になるかもしれません。

この先雪がどれほど降るかわかりませんが、早めにネットで購入するか靴屋などへゆき、滑り止めのグッズなどを購入しておいた方がよさそうです。

その他の応急対策として、雪道の歩き方は登山の歩き方と同じで、小幅で雪面に対してフラットに足を置くことだといいます。
凍った道での応急対処的であれば、靴にヒモを巻いたり、靴の上から靴下を履くなどの裏ワザもあります。
少々見た目は悪いですがケガをするよりかはマシだとも思いますし、頭の片隅にでも入れておくと何かの折に役立つ事があるかもしれません。

親友の素敵な結婚式でのスピーチ

3月中旬親友の結婚式に行ってきました。
友人代表をお願いされているのでドレスを新調し、髪のセットもオードリー風に可愛く決めました。
ただ、緊張に弱い私は朝から食欲が無く会場へ向かうバスの中でも吐き気が。
友人が「顔、青いよ」と。
折角バッチリメイクも決まったのに青くなっては台無し。美味しい料理も食べなきゃ勿体無いし。

親友が式を挙げる会場にははじめて行きましたが、まるでお城みたいな雰囲気。街を離れた山奥にあるのでリゾート地の様な感覚。

親友は7年付き合った彼とめでたくこの日を迎えたので、その年月を想うと涙がホロリ。
結婚を決めてくれない、なんて相談されていたから、私も彼に対して早く決めなさいよーなんて責めて。

ガーデンでの人前式で現れた親友は本当に美しくて輝いてた。
彼はいつにもましてカッコつけてて笑えた。

披露宴では着物姿にお色直しした親友。大きな白い花を頭につけて素敵!
なんて感動してても、後五分足らずで私のスピーチの時間。
手も震えるし、折角の料理やっぱり食べれない!早く終わらせて食べたい。

いざスピーチ、カメラマン二台が目の前で撮影するし、その時点でパニック。
でも普段から冷静沈着を装っている私は完璧にこなす。
心臓ははちきれそうだったけど、得意の平常心を装う。
でも涙が止まらなかった。だって小学校からの親友の結婚式でこの場面、泣かないわけないよね。
親友も泣いちゃって嬉しかった。

本当に綺麗で幸せそうで私も幸せな気分になったよ、ありがとう。

習字を習い始めました

去年から、小学生の娘が習字を習い始めました。
私も小学生の頃、習字を習ってたし(習い事と言えば、習字・そろばん・ピアノくらいの時代です)
何よりも、字がきれいだと知的な感じがするじゃないですか。

娘用に、習字セットを購入したのですが、イマドキのはとってもおしゃれでびっくりしました。
私の頃は、赤いハードケースに入っていて、いかにも書道!というのしか売ってませんでしたから。
デザインも豊富で、女の子用だと、バッグにリボンがついてたり、マカロンの絵柄だったり、
AKB風のチェック模様だったり。。シルバーのキルティングバッグというのもあります。
中に筆や墨汁が入ってるなんて思えません。
硯もおもちゃかと思うくらい軽いです。娘の場合、墨をすることはほとんどないと思うので、
墨汁入れと言ったほうがいいのかもしれませんが。。

習字教室を子供と見学した時から私も習いたいな~、とウズウズしてまして、
この春から私も始めることにしました。
小学生のころは、初段までとったんですが、久しぶりに書くと、う~ん、、
お手本どおりに書けません。全くの初心者です(笑)

でも、子供と一緒に出来る習い事って、よく考えたらあまりないですよね。
娘に負けないよう、頑張ります。めざせ師範免許!

お花見に行って来ました!

先日、大学のサークルの先輩に連れられて、近くの公園に花見に行って来ました!花見なんて小さい頃に行ったっきりで、すごく久しぶりでした。
今年は桜の開花が早く、咲いた直後に雨が降ったこともあってか、少し葉桜になっていましたが、それでもとてもきれいでした!何となく見てい
ただけの桜でしたが、ちゃんと見てみるとこんなにもきれいで風情のあるものなのかと、とても感動しました。

その公園で花見をしているのは私たちだけだったので、周りのことを気にせずに楽しめたのもよかったです。とても天気が良かったので、みんなで
バドミントンをしたり、ボールで遊んだりしました。私はバドミントンが下手くそなので負けてばっかりでしたが、それでも楽しかったです。
とても気持ちの良い汗をかくことができました。今まで、なかなかみんなで外で遊ぶ機会もなかったので、新鮮な気持ちでした。

遊んだらお腹が空いたので、いよいよ宴会が始まりました。桜を見ながら食べて飲むと、いつもより美味しく感じました。みんなお酒が入ると陽気
になって、かなり盛り上がりました。すごく楽しかったです。みんなといろんな話をして、これまで以上に仲良くなれたような気がします。花見って
いいものだなと思いました。

サークルのみんなととても楽しい思い出ができました。来年も行きたいです!

愛犬のひねくれた抗議が床を汚した

我が家でもう15年以上も愛され続けているシーズー犬、ジロー。彼はとても穏やかな性格で、若かりし頃から余り吠えませんでした。どんな状況に陥ろうとも一言も声を発しないので、病気かと思ったくらいです。しかし愛情表現はかなりのもの。外出していた家族が帰ってくるなりものすごい勢いで駆け寄って来、「撫でてくれ」といわんばかりにお腹を見せるのです。
そんなジローも今年で15才。かつてのはつらつとした動きはなくなり、一日中寝ていることが多くなりました。人間でいえばもう立派なおじいちゃんなので仕方が無いのでしょうが、かつてのやんちゃな彼を知っている家族としては、少しばかり悲しいものがありました。
しかし先日、その事件は起りました。家族全員が長時間外出する機会があり、ジローは久々に独りぼっちで留守番です。留守番は慣れっこのはずなので、家族はみなさほど心配せず、きっといつものようにおとなしく寝ているだろうと安心して出かけました。そして帰宅。ドアをあけるとそこにはいつもの静寂です。しかしリビングのドアを開けた時に視界に入ってきた物は、なんとジローのウンチとオシッコ。普段は散歩の時に済ませるので、こんなことは滅多にありません。皆で驚いていると寝床からジローが近寄ってきます。心なしか「ごめんね」といっているような表情。これで皆笑ってしまいました。
久々に一人でいたせいか、あるいは自分を放っておいて出かけた家族への怒りの混ざった愛情表現か。15年たってもやはりかわいい愛犬なのでした。